ブロカント(古道具)

 ブロカントはフランス語で古道具。

ものを長く大切に使う文化が根付いた欧州では毎週末のように蚤の市が開かれ、ブロカント探しは人々の身近な楽しみです。

家庭の歴史を見守り、やがて役目を終えて手放されたものが新たな持ち主の元へ。そこでまた新しい物語が書き加えられます。

当店のバイヤーも年に数回ヨーロッパに買い付けへ。時間と海を超えてやってきたものたち、どんな家でどんな風に使われていたのか考えるだけで楽しくなりませんか。

そして最初の持ち主は、まさかここであなたが使っているなんて想像もしないでしょう。

「大切なものが受け継がれるお手伝い」私たちはそんな気持ちでいます。

 

Everything has a story to tell.

For example, when I see a doily I also see a lady, a grandmother, crocheting the doily by the window overlooking her garden in the south of France.

And it is here that the story begins.

I see the people adding to the story, a grandchild or a neighbor passing it on to the next person until it comes to us here now.

We are to write the next part in the story.

Sometimes I wonder about that lady by the window.

Dose she imagine me ?

 

   ー Manami Pugh, Buyer and Display designer 

B40244E2-56F1-4706-941C-67826992F9BD.jpeg6DEADA41-4CA3-47B4-89D0-153D03859CC1.jpeg36700B51-47AB-4D94-96D0-D12F6B1597E2.jpeg